ゴムの印面で出来た角印

  • RSS

会社の書類などでよく使う角印は、ゴム印で出来ていることが多くなってきましたが、昔はゴム印ではなく普通の印鑑だったため、とても高価なものだったのです。
もちろん、普通の印鑑同様出来ている角印の方が、印影がキレイということと、長く使えるということで愛用されてきましたが、小さな自営業の方からすると、手軽に使えて安く仕入れることの出来る角印が欲しかったことでしょう。

その願いを叶えるべく、ゴムの印面で出来た角印が生まれ、昔より格安で手に入れることができるようになりました。
そうでなくても、今まで印鑑を使ってきた会社でも、ゴム印を使うようになり、用途に応じて使い分けている会社もあります。
角印は会社印と呼ばれることが多いように会社の印という意味で使われることがほとんどですが、サイズさえ適正であれば実印や銀行印、認印として個人でも使うことができます。
なぜなら、会社は角印を使わなくてはいけないという法律もなく、何か特別な届出が必要な印鑑というわけではないですし、会社の認印という意味なので、丸印に飽きている方は角印で色々な印鑑を作ってみてもいいのかもしれません。

しかし、この時ゴム印にしてしまうと実印として登録することが難しくなりますので、角印を実印として登録したいのであれば注意が必要となるでしょう。
ゴム印と印鑑では、当然のことながらゴム印の方が消耗が早いので、値段だけを見て決めるのではなく、使い方や使う頻度などを考えてからゴム印にするか印鑑にするかを考える方がいいでしょう。



~ 注目のWEBサイト情報 ~

<激安日本一の>チラシ印刷

チラシのイメージがほぼ決まっているけど形にできない!とお悩みのかたはご安心ください。
手書きの簡単なレイアウトを参考に、デザインのプロが調整しながら制作いたします。
チラシのためのデザインセンターを持つことで驚きの安さを実現しています。

詳細は比べて安さがわかる激安日本一のチラシ印刷総合サイトをご覧ください。

このページの先頭へ